身体の特定の領域に流れる血液量が大きすぎると、この領域では皮膚が赤くなりすぎて、あまり心地よい印象を与えません。彼らはこれを皮膚充血の現象と呼んでいます。はい、伝染病ではなく、赤みだけですが、人に不便を与えるので、治療を行う必要があります。 皮膚充血の原因 血管、器官または組織が過剰充填されたときに皮膚の過小状態が生じる。血液充填の増加は、正常値を超える動脈血流の結果である。充血には2つのタイプがある: 静脈; 動脈。 静脈充血は、遅延した血流によって特徴付けられる。場合によっては、完全な停止につながる可能性があります。この病理の理由は、通常は次のように異なります。 血栓または塞栓による静脈の閉塞; 心臓の右心室の弱化。 組織または静水圧の劇的な上昇; 弾性静脈の弱さ; 長い間立っている。 動脈充血は、動脈を通る血流の増加の結果として現れる。この現象の原因は、人体内の血管の生理的刺激物質に対する感受性の増加、例えば、恥や怒りのような心理的要因の結果、ならびに細菌毒素または高温の影響である。 この病気は、ヒトの併存疾患の存在の結果であり得る。例えば、顔面上のそのような炎症は、狼瘡、および消化管の腸感染症および病気、局所的な潮紅を引き起こす。身体の一部の発赤は、炎症プロセスによって促進される:足の皮膚の充血は、組織および切傷の微小挫傷で非常にしばしば生じる。 皮膚充血の症状
ますます普及しているのは、外科的胸部拡大法であり、ホルモン錠剤が使用されている。名前が示すように、これらの薬物はすべての女性の体内で生産される生物学的物質を含んでいます。この乳房練り方法についてもっと詳しく説明し、最も一般的な錠剤を呼んで乳腺を増やしましょう。 乳房の非手術的な矯正にはどのような薬を使用できますか? 一度に、そのような医薬品の独立した使用は容認できない、と言っておく必要があります。それらの効果は、女性のホルモン系の状態に悪影響を及ぼし得る。乳房の増強のための錠剤は、女性の健康の予備評価を行い、内分泌系およびホルモン系の障害の存在を排除する医師によって専ら任命されるべきである。 より多くの場合、乳腺のサイズを補正する目的で、医師は経口避妊薬を処方することが多い。最も一般的なのは、ヤリナ、ジナン、ダイアナ35などです。 乳房増強のためのこの種のホルモン錠剤の使用は、女性のバストのサイズをわずかに増加させることができることに直ちに留意すべきである。同時に、そのような薬物の使用は、特に長期間の入院で女性の体重を増加させる。 所与のプロセスは、ホルモンの作用が脂肪組織の速い成長を促進することによって引き起こされる。だからこそ、乳房の成長のためのホルモン錠剤は、大切に使うべきです。 乳腺を増やすには、Mammothrophin、Fizolaktinなどの錠剤に含まれるホルモンプロラクチンを使用することもできます。 そのような薬物の制御不能な受容をもたらすことができるものは何ですか? 上記の乳腺を増やすための錠剤は、任意の薬局で購入することができます。しかし、すべての女性は、服用時に体重を増やすことに加えて、身体にとってより危険な多くの副作用があることを覚えておく必要があります。したがって、 この種の薬物は注目に値する。 免疫低下。 頻繁な頭痛; 睡眠障害; 悪心および嘔吐の出現;
それはホメオパシーのLachezisで非常に一般的です:彼は使用の兆候の巨大なリストを持っています。これは、このホメオパシー療法の独特な組成のために可能です。 Lahezisには、そのような活性物質があります: ガチョウの毒(Lachezis Mutus); ニトログリセリン; コンニウムmakulatum(有毒植物の抽出物); 亜鉛イソバレリアン; 楽しい。 ヤボランディなど。 このホメオパシー療法は球状の顆粒の形で行われます。彼らは特別な風味を持たずに白い(クリーム色や灰色の色合いが許されています)。 ホメオパシーではラケシス6、ラケシス12、ラケシス30、ラケシス200プラスラケシスを(それらはアプリケーションと同様の適応症を有するが、投与量が異なる)を使用することができます。 Lachezisの使用の適応 以下の場合、このホメオパシー療法を処方する: 消化器系の疾患;
人が肉体的、感情的に大きな喜びを経験し、寒さや恐怖を感じると、「グースバンプ」と呼ばれる肌に吹き出物が形成されます。そのような現象は非常に正常であり、表皮はすぐに正常に戻る。病理学はいわゆる "グースバンピー"です - その形成の理由は "ガチョウバンプス"とは無関係で、彼らはしばしば内臓器官に重大な違反をしています。 身体に「グースバンプ」の出現の原因 医学においては、記載された状態は、濾胞性角化症に分類される。 「グースススキン」と呼ばれるこの病気は、その徴候と同じ名前の鳥の枝肉の出現との類似性のために呼ばれています。 濾胞性角化症は慢性病理であり、皮膚炎を指す。その特徴: スリミングのプロセスの侵害と表皮の更新; 皮膚の表面上の角質細胞の過度のおよび加速された成長; 死んだ鱗の毛包の口の閉塞。 表皮細胞の剥離は、ケラチンの中に特別なタンパク質の正常な含有量で起こる。この物質の濃度が様々な要因の結果として増加する場合、フレークは脱落せず、皮膚の表面に残り、角質化が進行する。経時的に、病理学的過程は毛包を伴い、(細菌感染の付着なしに)無菌で始まり、ゆるやかな炎症を開始する。 首、顔、デコルテの「ガチョウ塊」の原因は何ですか?
エキゾチックな国でのみ使用されていたヘナからの天然パスタを使った肌の塗装は、結婚式に原則として適用されました。時間の経過とともに、体を飾るこの驚くべき方法はどこにでも普及しています。さらに、それはいくつかの変更を受けており、特に、使用される材料の色スペクトルが拡大している。そして、黒、茶、赤などのヘンナの色合いが女性にとっては印象的ではない場合、メヘンディのための白いヘンナはすぐに、結婚しようとしている幸運な人の間で主導的地位を得ました。 メヘンディのヘナ白は何ですか? 自然のヘナを見たことのある女性は、この製品は白では不可能だと理解しています。このヘンナは乾燥した草の粉ですが、水で希釈するとその塊は汚れた緑色、湿度の濃い色合いになります。 したがって、問題の物質はヘンナに基づいているだけでなく、一般にヘンナに基づいていない。それはアクリルをベースにした、光沢と呼ばれる塗料です。 mehendiのために白いヘナを使用する方法? パターンを作成するためのアクリルの光沢は、丸い瓶、ボトル、および鋭い端の長いコーンで生成されます。 最初のケースでは、一時的なタトゥーは、異なる厚さのブラシ(スケッチに従って)によって適用されます。これは、メーンディーのセットに含めることも、別々に購入することもできます。 コーンは、追加のデバイスなしで図面を作成できるので便利です。チューブの先端を切断して塗装に進むだけで十分です。必要に応じて、上から円錐を配置し、アクリル塗料をブラシで塗りつけることができます。 メヘンディの白いヘナの絵は何点ですか? 白いヘブンナがちょうど光っていることを考慮すると、そのような一時的な入れ墨は非常に短命です。 アクリルベースのため、塗料は流水で洗い流されませんが、わずかに拭き取るだけで簡単に取り除くことができます。白いヘナのサービス寿命は、タトゥー靴下の期間中の肌のケアによって、2時間から2日間です。 なぜメヘンディ白ヘナはすぐに洗い流されたのですか? 普通の天然ヘナは、特に角質化した組織(足の裏、髪の毛、手のひら、爪)に適用した場合、高い着色特性を有する。それは表皮の上層に浸透し、褐色または淡橙色の色相に着色する。 しかし実際問題のアクリル塗料にはヘンナが全く含まれていないので、画像は汚れずに皮膚の表面にのみ残っています。
乾いた咳は、疲労、痛み、痛みをもたらします - ブロムヘキシンの仕事の主な症状です。咳からブロムヘキシンはおそらく、国内市場で最も有名な薬です。それは15年の存在のためにその有効性が確認されているので正当化されます。 ブロムヘキシン - 組成 肺の喀痰に作用する活性化合物はブロムヘキシン塩酸塩である。咳が起きると、気管支を覆う粘膜は通常の性質を失い、粘性が増し、それは分離しにくく、高い酸性度を有する媒体を形成する。この状況は気管支の仕事を妨害する。ブロムヘキシン塩酸塩は喀痰に作用し、その酸性を除去し、中性培地の回復を促進する。さらに、ブロムヘキシンの仕事には気管支活動の活性化が含まれているため、喀痰が気管支から放出される。 気管支が浄化された後、内部の環境は正常な状態になり、病気のすべての兆候が排除される。その構成成分および作用機序のために、ブロムギシンは乾性咳の主な助手として作用し、以下のような疾患の診断に使用される: 気管支炎および気管気管支炎; 気管支喘息; 肺炎; 肺結核; 他の急性および慢性の気管支病変; 術後期間。
閉経に関連する症状は、より公平なセックスに多くの不便をもたらすことがしばしば十分である。人生の質、仕事能力、全体的な健康を低下させる。エストロゲンのレベルの低下を背景に、健康上の問題があり、ホルモンの再構築も外部に反映されます。結局のところ、閉経は体内の自然な過程ですが、それは多くの問題をもたらします: 一定の潮汐; 不安定な精神感情状態。 不眠症; 発汗; 心血管疾患; 骨粗鬆症; 乾燥した肌、髪。 性交中の膣の乾燥および痛み。 そして、これは、クリームミルク期間の特徴的な症候学の全リストではない。したがって、加齢に関連する変化の否定的な発現を減少させるために、更年期で何をすべきかという疑問が生じる。 閉経と一緒に取るべきことは? 当然ながら、閉経後の方が良い薬を選ぶ際には、医師に相談することなく行うことができます。しかし、可能な薬の全範囲は、 ホルモン補充療法(多くの副作用と禁忌を伴う); フィトエストロゲンを含有する更年期のある非ホルモンおよびホメオパシー薬を服用することが可能であり、これは副作用のリスクを有意に減少させる。
遺伝性(本態性)の振戦 脳の中で最も頻繁な崩壊である神経学的疾患と考えられている。この病気の既存の治療法を考えてみましょう。 エッセンシャル・トレモアの症状 このタイプの神経痛の主な、そしてほとんど独特の徴候は、不随意的な震えです。本質的な振戦は、手、脚、頭部または胴体に影響を及ぼす。運動は肉体的、心理的ストレスによって増加する。同時に、震えは徐々に進行し、最終的には適時治療なしには非常に激しくなります。声帯はしばしば関与し、患者の発語を歪ませる。結果として、人は公共の場を避け始め、自分自身に閉じ込められ、それはうつ病のような間接的な症状の出現につながる。 どのように本質的な振戦を治療する? 幸いにも、この病気は、特に、それが振戦の初期に開始した場合、薬物療法に適している。 重大な手ぶれ - 良性振戦 - は以下の薬物で治療されます: 鎮静剤; 抗けいれん薬; 抗けいれん薬;