グースバンプの原因

ガチョウの原因

人が肉体的、感情的に大きな喜びを経験し、寒さや恐怖を感じると、「グースバンプ」と呼ばれる肌に吹き出物が形成されます。そのような現象は非常に正常であり、表皮はすぐに正常に戻る。病理学はいわゆる "グースバンピー"です - その形成の理由は "ガチョウバンプス"とは無関係で、彼らはしばしば内臓器官に重大な違反をしています。

身体に「グースバンプ」の出現の原因

医学においては、記載された状態は、濾胞性角化症に分類される。 「グースススキン」と呼ばれるこの病気は、その徴候と同じ名前の鳥の枝肉の出現との類似性のために呼ばれています。

濾胞性角化症は慢性病理であり、皮膚炎を指す。その特徴:

  • スリミングのプロセスの侵害と表皮の更新;
  • 皮膚の表面上の角質細胞の過度のおよび加速された成長;
  • 死んだ鱗の毛包の口の閉塞。

表皮細胞の剥離は、ケラチンの中に特別なタンパク質の正常な含有量で起こる。この物質の濃度が様々な要因の結果として増加する場合、フレークは脱落せず、皮膚の表面に残り、角質化が進行する。経時的に、病理学的過程は毛包を伴い、(細菌感染の付着なしに)無菌で始まり、ゆるやかな炎症を開始する。

首、顔、デコルテの「ガチョウ塊」の原因は何ですか?

考慮されているゾーンは、皮膚の再生がより速く速いため、濾胞角化症の影響はきわめてまれです。ケラチン化表皮細胞の剥離を引き起こす要因:

  • 様々な刺激物に対するアレルギー反応;
  • 衛生措置の不適切な構成。
  • 遺伝的素因;
  • ビタミンの急性欠損(D、A、C、E、グループB)。

乾燥した、薄くて敏感な肌の女性がこの病気になりやすいことは注目に値する。あまり一般的でない濾胞性角化症は、過剰の皮脂腺を有する人々において起こる。

手と肘の「ガチョウ塊」の主な原因

身体の他の部位よりも頻繁にこれらの領域は、記載された病変の影響を受ける。棘に似た毛包の近くにあるプラークと結節は、手の肘や伸筋の表面に位置しています。通常、前腕はより強く損傷します。十分な治療がない場合、皮膚はサンドペーパーのように触っても粗くなります。顕著な脱水と乾燥があります。

腕、肩及び肘の濾胞角化症の主な原因:

  • 体内のビタミンA量が不十分。
  • 重度または慢性のホルモン変化;
  • 甲状腺および他の内分泌器官の障害;
  • 頻繁な脱毛または脱毛;
  • 不適切な皮膚衛生。

場合によっては、結節およびプラークがわずかに炎症を起こし、表皮が赤くなることがあります。

1

脚や臀部のガチョウバブの原因

これらのゾーンは、手の程度と同程度に角質過敏症の影響を受けます。足首から臀部まで脚の表面全体に特徴的な発疹が存在する。原則として、臀部には腰の一部の症状があります。

ガチョウバス

記述された場所で毛包の閉塞の主な原因:

  • アスコルビン酸の欠乏;
  • 身体における代謝過程の特徴;
  • 消化器系の疾患;
  • 永久的な機械的皮膚刺激;
  • 内分泌疾患。

この場合も、上記のすべての要素が関連します。

1
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

25 + = 29

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: